性病の種類における治療期間

薬を飲む男性

性病は、現在、10種類以上がその範囲として知られており、その症状にあった治療が必要となります。
かつては4種類程度が性病として認知されており、当時は抗生物質による投与などが一般的な治療とされてきました。
しかし、近年、かつての抗生物質では効果がない病原体が増加をしています。
特に、感染に関しては自覚症状が少ない場合など、治療に遅れてしまい、逆に感染が広まってしまうという悪影響があります。
現在は一般的に知られた性病に関しては以下のような治療が行われています。

まず、クラミジアに関してですが、抗生物質の内服による治療が行われます。
症状として治療を行わなくても痛みなどが和らぐ場合もあり、放置されることも多いのですが、この場合、治っているわけではなく必ず治療が必要となります。
ここでの治療期間は1~2週間程度です。

次に上げることができるのは淋病です。
林業の場合には細菌によるもので、性交渉によって感染をします。
クラミジアの次に多い性病として知られており、クラミジアと同時に感染することもあります。
治療方法としては抗生物質の内服が用いられ治療期間も1~2週間となっています。

エイズは後天性免疫不全症候群といわれ、いわゆる、免疫性が低下することで知られています。
感染経路としては性的な接触によるものがほとんどで母子感染や血液感染の場合もあります。
潜伏期間が長いのが特徴で、治療方法は、かつては困難な病気として捉えられていましたが、現在は抗HIV薬が世界中で開発されており、患者への投与がなされています。
治療期間は個人差や病気の進行具合によっても違いがあります。
梅毒に関しては症状として1期から3期まであり、やがては死に至る危険や種類ですが初期においてはペニシリンの投与によって治療は行われ、治療期間は2~3週間がその期間となります。

サイト内検索
最近の投稿
人気記事一覧
1
薬と水のグラスを持っている男性
性病の治療金額について

2019年06月23日

(130 Views)

4
薬を飲む男性

性病の種類における治療期間

2019年07月19日

(118 Views)