性病の治療金額について

薬と水のグラスを持っている男性

性病検査を受けるときに気になるのがその費用です。
病院で性病検査の診察をしたときの治療金額は、基本的に健康保険が適用されるので、通常料金の3割程度で検査を受けることができます。
しかし性病の自覚症状がない場合は、保険適応外となります。
検査費用がすべて実費となることもあるので注意が必要です。

治療金額の内訳は診察料と検査費用と治療費になります。
診察料は最初は初診料として健康保険の割引に関係なく2700円支払うことになります。
そして次に検査費用ですが、HIV検査の場合は5000円から10000円です。
梅毒検査の場合は3000円から7000円になります。
クラミジアの場合は7000円から12000円が費用の目安となっています。
しかし性病の可能性があるときには1つだけの検査で終わることがないので、複数の検査を受ける場合は料金が加算され、20000円から30000円程度の出費となることを頭に入れておきます。
治療金額として薬代は処方される薬によって異なりますが、3000円以上のところがほとんどです。
性病の治療を病院で受けるときには、複数の検査を受ける可能性もあるので治療金額が追加されることを把握しておきます。

保険適用の可、不可は、受ける検査の種類や方法や処方される治療薬によって変わります。
喉の検査を受ける際には、耳鼻科以外での診察は保険適応外になります。
土日祝日や夜間診療は時間が加算されるようになっています。
病院では治療金額が保険適用することで3割負担となっていますが、病院によっての検査費用は異なります。
同じ性病であっても保険適用内の検査をするか適応外の検査をするかで異なるので、決まった金額がないことを覚えておくようにします。

サイト内検索
人気記事一覧
1
薬と水のグラスを持っている男性

性病の治療金額について

2019年06月23日

(473 Views)

3
薬を飲む男性
性病の種類における治療期間

2019年07月19日

(404 Views)